新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

複合搭子固定比較

複合搭子から一枚切って固定する方法は、単独搭子固定と雀頭固定がある。但し、雀頭固定は雀頭になる単独の対子が無い場合に、対子を含む複合搭子を対子に固定することを指す。ここでは、基本の3枚組の複合搭子のみ扱う。

基本牌理の選択3にあるように、固定するロスが小さく、搭子固定の場合は残った単独搭子の価値が高くなるように選択する。また、対子含み複合搭子が複合搭子扱いできる為には他に対子がある必要がある(無ければ対子部分を雀頭扱いする為)ので、原則対子数≧2を維持するように打つ。
複合搭子2組(他に雀頭無し)

雀頭固定するロスが小さい(=単独搭子に固定した時の価値が低い)方を雀頭固定する。(一方だけ対子含みならそこを雀頭固定、共にリャンカンなら残るカンチャンの価値が高くなるように)

他に雀頭有り

残る単独搭子の価値が最も高くなるように搭子固定する。

複合搭子3組の場合(他に雀頭無し)

リャンカンを含む場合は複合搭子2組の場合と同様。雀頭有りの場合も同じ。
全部対子含みの場合
・愚形複合搭子×3
雀頭固定(搭子固定の方が目先のロスは少ないがテンパイに近い段階での受け入れを重視することから)
・愚形×2良形×1
良形複合搭子を搭子固定 (上の理屈から雀頭固定しそうだが良形率にも差がつく為)
・愚形×1良形×2
愚形複合搭子を雀頭固定
・良形×3
雀頭固定、搭子固定共に速度ではほぼ無し。よって打点的に、平和がみえる手なら搭子固定、そうでないなら三暗刻や対子手をみて雀頭固定がよいとみる。

他に雀頭有り

基本的にチートイを残して雀頭固定、面子があって愚形複合搭子が1つまでで、他はリャンメン以上ならチートイを見切ってリャンメン固定。

複合搭子4組の場合

0面子なので3対子からチートイを残す。後はこれまでと同様。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/15(木) 23:04:21|
  2. 選択=押し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<複合搭子固定比較2 | ホーム | 複合搭子概要>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/15-d2e33516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。