新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4枚形と搭子固定比較

1357m23789p445s北北

搭子オーバーの形なので打1mとしそうになるが、打1mの4s北ツモと打4sの2mツモはリャンメン確定の後者が有利。46mツモは完全シャンテン(受け入れを増やさない牌が無く、テンパイ時に必ずリャンメンにできる)になる前者有利だが、良形が確定する受けが多い方が有利とみる。

このように、4枚形が面子化すると良形確定する場合は、例外的に一旦搭子オーバーに受ける方がよいとみる。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/21(水) 16:31:25|
  2. 選択=押し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<5枚形概要 | ホーム | 4枚形と通常搭子比較>>

コメント

>1357m23789p445s北北

この手牌での打1mか打4sかは微妙な差に感じてます。

個人的にはドラがない手牌なら打4sで良形重視が有利と見そうですが、
ドラがあれば(例えば789pらへんに1枚あるとする)打1mの完全シャンテンの方が有利と見そうです。
  1. 2010/04/23(金) 04:54:32 |
  2. URL |
  3. とあるコミュの管理人 #-
  4. [ 編集 ]

リーチにいくのが微妙なテンパイになる受けは価値が下がりますから、安手の方が良形重視の選択が有利になりそうですね。私は目先の受け入れで良形率に差があれば打点かかわらず良形重視を選びそうです。目先の受け入れと良形変化の比較なら、安手だと後者重視かなと考えてます。
  1. 2010/04/23(金) 15:53:36 |
  2. URL |
  3. ネマタ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/21-4ab69b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。