新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

孤立牌同士の比較(字牌)

・客風同士は和了を阻止したい他家の風牌から切る、何もなければ上家側の風牌から切るほうがよいと見る
・役牌同士は、鳴かれたくない牌を先に切る、重なったときに鳴きやすい牌を残すことから、(自風でない)場風→三元牌→自風牌の順に切る
・三元牌同士は、統計上白→中→発の順に利用度が高い。(白と中は誤差程度だが発は明確に低い)これは視認性の問題と考えられる。よって一般的には白→中→発の順に他家の手牌に残されやすいことになるので、発中白の順に山に残っている枚数の期待値が大きいと言えるので、重ねて使うことを考えるうえでは、白→中→発の順で切るほうがよい

スポンサーサイト
  1. 2010/05/02(日) 05:10:33|
  2. 選択=押し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<孤立牌と順子との作用 | ホーム | 孤立牌同士の比較法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/34-42cc5ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。