新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

孤立牌と順子との作用

・4連形
2345 3456 4567
4種14枚で良形(うち2345は1種4枚、他は2種8枚で三面張なので、3456、4567>2345)
・中膨れ
2334 3445 4556
4種14枚で良形 良形以外の受け入れ枚数と、三面張>高目一盃口より、4連形>中膨れ

これらは他の孤立牌よりはっきり強く、愚形搭子より残すことも多い

これらに順子がつながった形(例:2345678、2345667)は更に良形を形成する枚数が増えてより強くなる。

・端にかかった4連形、中膨れ形
1234 連続形搭子がつくりやすい分孤立3より上
1223 連続形搭子がつくりやすいことや一盃口目がある分孤立2より上

スポンサーサイト
  1. 2010/05/03(月) 06:09:15|
  2. 選択=押し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<孤立牌と順子との作用(2) | ホーム | 孤立牌同士の比較(字牌)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/36-33c1fd59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。