新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

孤立牌と搭子落としの比較(4)

・面子候補過多の場合

(他に愚形搭子が残っている場合) ペンチャン<孤立3~7牌 愚形搭子<4連形、中膨れ
搭子を落としてもシャンテン数が落ちないので、より良形に変化しやすいように良形変化の豊富な孤立牌を残す。(他がリャンメン搭子以上であればこれ以上リャンメン搭子を作る必要性が薄いので、ダイレクトの受けを残す搭子残し)
スポンサーサイト
  1. 2010/05/15(土) 19:03:05|
  2. 選択=押し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手牌全体を考慮した孤立牌比較 | ホーム | 孤立牌と搭子固定比較(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/47-72a046df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。