新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

面子固定選択

1234から打1として234に固定するか打4として123として固定するかのような選択について考える。

どちらも単純な速度では差がつかないので基本的に打点面(手役、ドラ受けや変化)で比較する。打点面に差がなければ、河の強さ(待ちの読まれにくさによるアガリ易さ)を考慮して基本は外側を切る。但し、2345は手牌の守備力的には打5とした方がよい(2より5が危険になりやすく、将来他家の聴牌が入ってから5を引いたときに打2とできるため)


222334(他に頭無し)から打3か打4か

打点面に差があればそちらを選ぶとして、打点面に差がなければ、他に愚形搭子があり変化を見る(リーチをしない)のであれば愚形部分で頭が出来たときのエントツ変化を見て打3、そうでなければ2引きでカンができるように打4
スポンサーサイト
  1. 2010/05/24(月) 09:52:53|
  2. 選択=押し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<面子固定と雀頭固定比較 | ホーム | 多面張形(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/56-f13a63c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。