新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

面子固定と雀頭固定比較

基本牌理で述べたように原則として速度の観点から、面子、雀頭には手をつけない。しかし他に頭がなく、先に落とすパーツがない場合の1223から打2か打1(打3)のように、雀頭を残すか面子を残すかの選択になった場合はこの限りではない。

面子のほうが雀頭よりできにくいので、この比較になった場合は原則として面子固定が正着である。然し(打点差はないものとして)以下の条件を満たす場合は雀頭固定が有利になる。勿論関連牌の切れ具合によっては逆転することもあるので注意。

・1シャンテン
・搭子はいずれも両面以上
・頭のできやすい連続形搭子や暗刻がない
・単騎聴牌になった場合に役が存在しない

例:1223m12367p34578s 13m落とし

1123m12367p34578sだと1123を残して両面を落とす選択もある。14m待ちになった時に2枚少ない欠点があるが23m引きで更に広くなるメリットもある。基本は頭固定だが、場の安さや待ちになったときの強さで両面を落とすこともありうることは押さえておきたい。

スポンサーサイト
  1. 2010/05/25(火) 11:26:07|
  2. 選択=押し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<先制リーチ判断いろいろ | ホーム | 面子固定選択>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/57-2986808e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。