新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

待ちの良さと打点の比較

テンパイ時の待ち取り判断から、良形2000より愚形5200がやや有利。よって2翻差あれば愚形搭子を両面より優先(両面残しでも仕掛けが効き鳴いて40符3翻~が見込めれば両面残し)
2翻役が不確定なら基本両面残し。(両面残し側が役無しドラ無しなら愚形残し) 1翻差なら両面残し。

三面張と両面の比較は、1翻差なら両面残し。不確定1翻(高め一盃口)との比較なら三面張残し
三面張と愚形も2翻差なら基本愚形残し。但し三面残しでも少なくとも40符3翻~が見込める場合や、良形確定への変化が多ければ三面残し。

役牌含みのシャボは両面とほぼ同等(テンパイに遠い段階なら両面以上)、役牌同士のシャボは両面以上。連風牌を含むシャボも両面以上。
平和確定にできるケースの両面と役牌含みシャボは基本平和優先。連続形搭子を含み鳴いても打点十分(4翻以上)なら役牌対子を頭にしてもう一方の対子落とし。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/27(火) 01:25:13|
  2. 選択=押し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<待ちの良さと受け入れ枚数の比較 | ホーム | 久々なので再確認>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/62-136b9c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。