新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

打牌選択

手牌をパーツに分けたら、手牌の価値が最も高くなるように、パーツの中で最も不要な牌を選びそれを切ることになります。手牌の評価は、速度(アガリ率)、攻撃力(アガリ時収支期待値)、守備力(非アガリ時収支期待値)の三つの指標で行います。

同じ種類のパーツであればパーツ同士を比較するのは難しくなく、基本的に部分的な比較で事足ります。然し違う種類のパーツや、同じ種類のパーツであっても、比較すべき指標が複雑に絡んでいる場合は、直接比較することは困難で、手牌全体や他の状況をみて評価する必要があることも多いです。

後者のようなケースは体系化が難しく、「打ち手の好みでよい」としたり、「状況次第」とするに留まっているものや、体系化されているがそれが実際の優劣からかけ離れてしまっているものが、これまでの戦術論では数多く見られました。高い精度で体系化し、実戦で利用しやすい打牌基準を設けることが当戦術論の目標とするところです。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/26(金) 10:43:10|
  2. 選択=押し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<基本牌理 | ホーム | パーツ分け>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/75-96e7397f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。