新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

打牌選択(=押し)フローチャート

①手牌を5種のパーツに分ける

②面子候補数、シャンテン数を把握する

③同種パーツの選択(孤立牌切り→ターツ落し→ターツ固定選択→他の順で行う)の中の同じ性質(速度、攻撃力、守備力)同士を比較、ターツ落しの場合は残る孤立牌の比較も行う

④性質の異なるメリットがそれぞれにある(一方は速度で有利だが一方は打点面で有利であるように)場合はそれらを比較

⑤(孤立牌とターツの比較といった)異種パーツ同士を比較

⑥(テンパイであれば、リーチかダマかを選択)

⑦打牌決定


※選択候補が無い(孤立牌が1枚も無い場合の孤立牌選択や、明確に孤立牌より優先して落とすターツがない場合のターツ選択など)場合は飛ばして次の手順に進む



スポンサーサイト
  1. 2010/11/28(日) 12:26:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<序章 麻雀観 | ホーム | 牌理原則(全体牌理を考えるうえで)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/78-57453b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。