新現代麻雀技術論

麻雀の真理を解明する試み…のつもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手牌のパターン分け

手牌を面子(M)雀頭(J)ターツ(T)の数で分類する。例えばM=2 J=1 T=2なら212型と呼ぶことにする。複合ターツの数について書く必要がある場合は、212(2)(2ターツとも複合ターツのとき)と表記する。尚、23赤5のように、赤5自体は孤立牌だが、4を引けば直接面子の中に組み込めるような受けがあるものについては、23赤5自体を一種の複合ターツとして扱うものとする。

型ごとに牌姿を並べ、打牌とともに打牌理由を簡潔に記す。似たような牌姿で異なるパターンの打牌が有利になるようなものを並べることで、打牌基準をコンパクトにまとめるとともに身につけやすいものにすることを目指す。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/06(日) 17:44:51|
  2. 第一章
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
| ホーム | 打牌比較の基本>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/29(火) 05:32:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nemata.blog3.fc2.com/tb.php/82-ad0cffb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/11/02(金) 01:31:49 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。